Amazon物販で絶対に仕入れない方がいい商品を解説!初心者にオススメ出来ない2つの理由

Amazon物販で絶対に仕入れない方がいい商品を解説!初心者にオススメ出来ない2つの理由

Amazon物販の画像

 

太郎

こんにちは。

「月収100万円を稼いで労働から脱出すること」を目標に、

スロットと物販ビジネスで期待値生活しています。

スロットの累計収支は2000万オーバー!

物販ビジネスの最高月収は70万以上達成!

太郎ってどんな人?赤裸々なプロフィールはこちら

 

はい!どうも!

仕入れない方がいい商品を仕入れてしまい、

後悔したことがある太郎です。

 

何でもそうだけど、

初心者の頃ってミスしちゃいますよね?

仕事でもスロットでも同じ事が言えると思います。

 

わたしも物販ビジネスを始めた頃はミスしまくり(笑)

ミスして赤字…なんて事も( ゚Д゚)

 

そんな経験をしたので、

少なくともあなたにはミスをして欲しくないので、

今回の記事を書こうと思いました。

 

最初に結論をお伝えすると、

危険物と言われる商品を仕入れない方がいいです。

 

危険物と聞くと劇薬やガソリンなどをイメージしません?

わたしだけか(笑)

 

もちろんガソリンや劇薬は危険物なんだが、

わたしが推奨してるコスメ関連の商品でも危険物が多数存在するんですよ。

 

危険物を仕入れてしまうと、

Amazonで販売するにはひと手間掛かります…。

 

更に、

Amazonでは危険物を倉庫に納品するには専用のやり方があります。

このルールを守れないとアカウントに傷がつくし、

【業務改善書】と呼ばれるモノをAmazonに提出しなければなりません。

 

正直、非常にメンドクサイし大変です(+_+)

 

だから、

初心者の方にはオススメ出来ないのです。

 

そんな訳で、

今回の記事では危険物に関してお話していきますね(^^♪

危険物の調べ方なども解説していきます!

少しでも参考になれば幸いです。

 

ブログ村に参加中!

目指せトップ10!

プッシュで応援お願いします!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

危険物っていったい何?

危険物の画像

先ほども軽く触れましたが、

危険物ってジャンルを問わなければ、

色々な種類があるんですよ( ゚Д゚)

 

分かりやすい所で言うと、

【電池】が入ってる商品がイメージしやすいかと。

 

わたしが推奨してるジャンルのコスメ関連でも、

危険物は多く存在します。

 

コスメ関連の危険物とは、

  • スプレー缶の化粧品
  • アルコールを沢山含んだ化粧水
  • 日焼け止め
  • 香水
  • 電池が入ってるもの

代表的な所で言うとこんな所かと。

 

とお伝えすると…

『濃度なんて分からないし、

危険物の境目が分からん!』

って思いますよね?

 

超簡単に言うと、

Amazonが危険物と判断したモノは危険物扱いになる!

と覚えておいてください。

 

Amazon独自の基準があるのです。

 

後ほど、

危険物かどうか?

を調べる方法もありますのでご安心ください。

 

初心者が危険物を扱わない方がいい2つの理由

 

おススメしない理由の画像

初心者が危険物を扱わない方がいい理由は、

Amazonには危険物のルールがいくつかあって

そのルールを破ってしまうと、

アカウントがダメになってしまう可能性があるからです。

 

太郎

アカウント=生命線

危ない…

と覚えておいてください。

 

アカウントリスクの他にも、

通常のFBAに納品できなくなったり、

業務改善所をAmazonに提出したりしなければ

ならないので非常に大変な思いをすることに…。

 

仮に危険物の納品ミスをしてしまうと、

普通の商品までも販売できなくなってしまうのです。

 

そんなんイヤですよね?

わたしは絶対に嫌です(笑)

 

 

扱わない方がいい理由のもう1つが、

納品が大変なんですよ( ゚Д゚)

 

簡単にいうと、

危険物は危険物で1つの箱にまとめなければいけません。

他の化粧品などと一緒に納品出来ないんです…。

*こんな感じ☟☟

納品の画像

危険物の箱に普通の商品が入ってはいけないので、

こちらも神経を使います。

 

混ぜてはダメなんですよ( ゚Д゚)

 

しかも、

ある程度、

まとめて商品を送らないと送料がバカにならないので

最初の内は控えた方が無難!

となります(^^♪

 

ここまで読むと、

「危険物って大変そう…」

なんて思いますよね(;´Д`)

 

イエス!!

ちょっと大変です…。

 

危険物を取り扱うのは、

Amazon物販に慣れてきてからでも遅くはありません。

危険物は利益が取れやすい商品もありますし、

ライバルがいない美味しい商品もあります(^^♪

 

ちなみに、

わたしは危険物を扱うようになりましたが、

未だに納品の時はドキドキ(笑)

きちんとルールは守っているので問題ないのですが…。

 

もう一度言っておきます!

慣れてからやりましょう(笑)

 

他にも覚える事が沢山あると思うので、

そっちに集中した方が結果も付いてくると思いますし(*´ω`)

 

『危険物は扱わない方が良いのは分かった!』

『じゃあどうやって危険物と認識できるの?』

って思いますよね?

 

それは、

あるツールを利用する事によって危険物か?否か?

を調べる事が出来ます!!

 

お次は調べ方を解説しますね(^^♪

 

危険物の調べ方

スマホの画像

危険物の調べ方は、

商品のASINを使って調べます!

*ASINとはAmazonの識別番号みたいなもんです(^^♪

 

ASINの調べ方は、

デルタトレーサーの商品ページに記載されてます。

 

ASINは〇で囲った番号みたいなやつです。

 

このASINをツールに入れて危険物を調べます。

*デルタトレーサーについてはコチラで解説しています。

☟☟

Amazon物販の画像

物販ビジネスに必須のデルタトレーサーとは??初心者にも分かりやすく図解付きで解説!

 

危険物の調べ方は2つほどあります。

危険物の調べ方
  • 公式のツールを使う
  • ヘルプのチャットで聞く

それぞれ解説していきますね。

 

公式のツールを使って危険物を調べる

まずはAmazonの公式サイトに行きます。

【セラーセントラル】

 

右上の検索窓に『危険物』と打ち込みます!

検索窓は小さいのでよく見てください(笑)

ツールの画像

 

危険物と打ち込んで検索すると、

こちらの画像のようなページが出現します!

危険物の画像

ASINを入力出来る項目が出てきたら、

デルタトレーサーで、

調べたい商品のASINをコピーしてください。

 

次はASINを入力してみましょう(^^♪

 

ASINの画像

ASINを入力して、

【ステータスを確認する】

をクリックしてください。

 

クリックすると危険物か?

危険物ではないかの結果が表示されます。

【危険物の場合】

危険物の画像

【危険物ではない時の画像】

☟☟

危険物の画像

このような表示になります。

危険物ではないと表示されたら、

その商品は仕入れても問題ありません(*´ω`)

 

補足として、

次のようなパターンが表示されることもあります。

補足の画像

こちらのパターンですと、

危険物かもしれないので成分を提出してください!

って事なのでFBAに納品出来ません。

このような表示が出た商品は仕入れ対象から除外してください。

 

危険物の調べ方 チャットで聞く

セラーセントラルのサポートにチャットで聞くという

方法があります。

 

チャットでASINを添えて

「この商品は危険物でしょうか?」

と聞くと担当の人がサクッと答えてくれます。

 

担当によっては少し時間かかる人もいますが、

基本的にはすぐに返事を頂けます。

*1つずつ聞いてると、

時間もかかるし担当者も大変なんで

調べたい危険物の商品がある場合には、

ツールで検索した方が早いです。

 

一応ご紹介しておきますね。

今後、Amazonの事で困ったら問い合わせる事も

あるかもしれないですし(*´ω`)

 

セラーセントラルにログインして、

右に現れる小さい【ヘルプ】を押してください。

 

太郎

何でこんなに小さいかは謎…

よっぽど問い合わせさせたくないのかな?(笑)

 

ヘルプを押すとこちらの画面にある、

【サポートを受ける】

をクリック!

サポートの画像

クリックすると、

こちらの画面に切り替わります!

 

ヘルプの画像

今回は危険物に関しても質問なので、

【商品、出品情報、または在庫】⇒

【他の商品、在庫に関する問題の調査】⇒とクリックして、

質問内容を記載して、

【チャット】を選んでください。

選ぶと、

チャットが開始されます(^^♪

 

補足として、

質問内容にASINを載せて質問内容もきちんと記載する事を

オススメします。

 

その方が早く回答がありスムーズに事が進みます。

質問したい内容をいっぺんに伝えた方が、

相手も応えやすいですからね(^^♪

 

Amazonのチャットで質問するときは、

この工程を踏むので覚えておいてくださいね!

質問内容に応じて選ぶ項目を変えてください。

 

FBAの危険物まとめ

問題ない画像

ここまでAmazonでの危険物について

お話してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

危険物は扱わない方がいいんだなぁ~…。

って事が分かってもらえると嬉しいです。

 

まとめておくと…

  • 始めたばかりの頃は危険物を扱わない方がいい
  • 危険物はアカウントリスクがある
  • 危険物は普通の商品と同封して納品出来ない

 

 

危険物の調べ方は2つ!

  • Amazonのツールを使う
  • Amazonのチャットで質問する

 

個人的には危険物の調べ方でおススメなのは、

ツールを使う事です(*´▽`*)

慣れればすぐに使えますし!

 

ちなみに、

わたしはツールでパッと調べてます!

 

もし危険物を間違えて仕入れてしまった場合は、

フリマで売るかor自己配送で売る事が可能です。

 

自己配送とは、FBAサービスを利用しないで自分で

梱包・発送作業を行う必要があります。

 

ただ、梱包のクオリティや当日配送をしなければ

いけないなどのルールもあるので、

こちらも初心者の内は扱わない方が無難…。

 

慣れればチャレンジするのもありですが、

梱包と発送は思ったよりも手間がかかるものです。

 

個人的にはオススメしません。

間違えて仕入れてしまった時は、

サクッとフリマで売ってしまいましょう(*´▽`*)

 

そんな訳で今回は危険物に関しての記事でした。

太郎
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スロットで稼げるけど不安…

スロ以外の収入源も視野に入れないとな…

なんて思いがある方は☟の記事を読んでみてください!

わたしなりの解決方法をお話しています。

不安の画像

スロットで勝ってるけど不安が強いあなたへ!スロ+○○で稼ぐ太郎流の解決策をお伝えします!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です